« ストーカー | トップページ | 自分を食べ物に例えると? »

命日

1月26日は姪の命日。

去年の今日は7回忌法要で、外は大雪だった。

私は体調を崩し寝込んでしまい法事に参加できず、家で泣いていた。

一生懸命仕事して、疲れて、いざ大事な時に倒れて、

家族には責められ、仕事先に迷惑をかけ、

いったい自分は何をしているんだろう、

こんなに一生懸命生きているのに、何で周りから責められるんだろう、

って涙が止まらずかなり精神的に危なかった。

あれからまた一年。

今日は晴天だ。

7年前、彼女は5歳という短い人生に終止符を打った。

あっけない死だった。

人間ってこんなにあっけなく死ぬのか・・、って。

だから、今こうして生きているのは、生きる為なんだって改めて感じた。

そして、何気ない、何でもない、ほんのひと時が一番大切で幸せだということを

彼女は教えてくれた。

当たり前すぎて気づかない幸せ。

今の自分は、一年前泣いていた自分より少し強くなっている。

目の前に日向ぼっこしてすさまじい格好で寝ている愛猫。

彼女も今年で7歳。

いつも私に元気とユーモアと厳しさを教えてくれる存在。

毎日同じように繰り返されるあたりまえの光景だが、

一瞬として同じ時はない。

一瞬一瞬が宝物。

いつ自分に死が訪れても、幸せな人生だったと言える、

そんな人生を歩んでいこうと

命日の今日、心新たに誓った。

|
|

« ストーカー | トップページ | 自分を食べ物に例えると? »

にんげん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストーカー | トップページ | 自分を食べ物に例えると? »