« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

アニマルコミュニケーション

久しぶりに「アニマルコミュニケーター」さんに会って、ちょっとペットの体調が気になってたので聞いてもらったhappy01

今のところ特に大きな問題はないようだった。

でも細かい日常生活について

「もっと撫でてほしい」って言っているけど?
「えっ?毎日結構撫でてるけどな~coldsweats01
「ううん、そうじゃなくて、撫で方みたい。指は嫌みたい。」
「あっ、私指でマッサージばかりしてるかも、えええ~~~っ嫌なんだshock、ごめんなさい。」
「そうだって、手のひらで撫でてって。」
「はい、今夜からそうします。失礼しましたbearing

こんなやりとりを30分くらいしたかな~。

私は良かれと、指の腹で円を描くように回したり、つぼを押したりしてたので、ちょっとショック。

他にも指摘された事があり、例外なく私も思い込みでペットに接している飼い主だと改めて実感sad 反省。まだまだ修行が足りないなぁcoldsweats01

帰宅後、愛を込めて手のひらマッサージをしたら・・・・
ガブッcat  っ ひと噛みされた。

えええええ~~なんでよ~ぅ、やさしく撫でたのにcrying

自分がペットに何気なくしている事が、果たして本当にこの子にとってベストな事なのか、いちいち探ってみる必要がある。

それは今までの自分の価値観を外さなければならない。結構大変な作業だ。

でも自分がフラットな状態、ニュートラルな状態でペットを見た時、きっと違う物が見えてくるかもしれないのだ。

ドッグヨガは自分がニュートラルになりやすいので、ペットの見方が変わったり、新しい発見をしやすい。

| | コメント (0)
|

ペットからのメッセージ

ドッグヨガ元町教室があり、朝からバタバタして出かけ、会場近くのカフェでお茶をしていたら、向かえのテーブルに座ったオバサンの携帯が鳴り響き、大声で話し始めた。
うるさいな~と思っていたら・・・お墓参りの話。

突然タローの顔が目の前に浮かんだsad
今日は命日だった。

タローは10年以上前に天国へ旅立った愛猫catshine
タローが今の私を導いてくれた。

私はよく動物達からメッセージを受けとる。
それは、「声」や「映像」ではなく、今日のように日常のふとした瞬間にそれは現れるのだ。

悩んでいたり、苦しかったり、悲しかったり・・・そんな時、ふとテレビをつけたり、雑誌を見たり、電車の中で犬の話が聞こえてきたり、動物が私の中に飛び込んで来て答えをくれる。

不思議な体験。感動的な瞬間confident

あまりにもリアルにメッセージが来るので、友人は私の家のTVは怖いらしいshock

ここ最近思い悩む事があったが、オバサンを通してタローが答えをくれた。
「原点はいつも私の中にある」 

ありがとうweep

うるさかったオバサンが電話を切る時「身体だけは気をつけてね」と一言。
その言葉が妙に胸に響いた。やさしさを感じた。

| | コメント (1)
|

鶯さんが歌ってる♪

今朝お外に出たら裏の雑木林から聞こえてきたear
ホ~~ホケキョッnote ホ~~~ッホケホケキョnotes

この春初の鶯さんhappy01cherryblossom

そう言えば、今日から3月なんだ。

これから鶯さんの透き通った歌声を毎日聞けると思うと、心がほっとするconfident

春からドッグヨガのイベントやペットの自然療法のセミナーがたくさんある。

鶯さんのように、人の心に響く声で virgodogcatもほっとする空間を創造していこうshine

| | コメント (1)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »