« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

卒業式

今日、お昼過ぎまで元町でドッグヨガクラスをして、その後、久しぶりに実家へ行ったhouse

昨日は姪の小学校の卒業式で、そのお祝いに家族みんなで手巻寿司。

知らないうちに、私の背を追い越して、大人へと近づいている彼女を見て、嬉しいやら寂しいやらcoldsweats01

ほんの少しだけど、親の気持ちがわかる。

子育って本当に大変だけど、感動的なものなんだと実感。

私が心底惚れている星野道夫さんが掲載された雑誌「SWITCH」JANUARY1997Vol.15の中で書かれていた、星野さんがよく引用したというカリール・ギブランの詩を思い出した。

 あなたのこどもは あなたのこどもではない
 彼らは人生そのものの息子であり、娘である
 彼らはあなたを通じてくるが あなたからくるものではない
 彼らはあなたとともにいるが あなたには属さない
 あなたは 彼らに愛情を与えてもいいが
 あなたの考えを与えてはいけない
 なんとなれば彼らは彼ら自身の考えを持っているからだ


 あなたは 彼らの体を家に入れてもいいが
 彼らの心を あなたの家に入れてはいけない
 なぜなら彼らの心は あなたが訪ねてみることもできない
 夢の中でさえ訪ねてみることもできない
 明日の家に住んでいるからだ

 あなたは 彼らのようになろうとしてもいいが
 彼らを あなたのようにしようとしてはいけない
 なぜなら 人生は後戻りもしなければ
 昨日と共にためらいもしないからだ


 あなたは 弓であり
 あなたのこどもは
 それからおくりだされる生きている矢である
 弓であるあなたは
 引き手によって喜びのうちに曲げられる

人間の親、ペットの飼い主、この詩を読んで何を感じるだろう・・。

ヨガでも、この世に「自分のもの・所有物」はひとつもない、という。

私のもの、という思いが、私自身を苦しめる原因であると。

私もそんな思いから卒業しようと思った。

卒業っていい響きだshine

| | コメント (2)
|

癒しフェアin大阪 報告

3月7・8日で開催された大阪での「癒しフェア」

東京に引き続き、条件つきでペット連れOKdog

東京ほどdogは多くなかったけれど、それでも、ドッグヨガのイベントステージには多くの方が集まってくれた。

イベントの様子は、ERI&Tea*naのブログを見て下さいましeye

私は立ち見をされている人の話を小耳しながらカメラマンcameraとしてウロウロしていた。

「ドッグヨガだ、知ってる、テレビでみた~~。癒されるね~」

「ヤバイ、ちょ~~かわいいんだけど。私もやりたい!」と若い女の子たちcoldsweats01

「犬が怖がるんじゃない?大丈夫なの?」と若いカップル。

「飼い主がリラックスすると、犬もリラックスするのよ、ほら、見て・・。」と熟年のご夫婦。

みなさん、それぞれです。

見えないものを伝えていくことは、とても難しいcoldsweats02

ドッグヨガで呼吸を合わせてポーズをとることは、種の違う犬と人が共に同じ空間で同じ時を生きていくためのヒントでもある。

そんな感覚を、まずは1人に伝えられたらいい。

そして、また1人へと。

| | コメント (0)
|

癒しフェアin大阪へ

明日は「癒しフェアin大阪」でドッグヨガをステージで行うために大阪へbullettrain

と言っても、もともと8日(日)はドッグヨガイントラ養成講座のために、7日から大阪入りをする予定だったから、ちょうどタイミングがよかっただけcoldsweats01

7日は癒しフェアで、8日はイントラ養成。

癒しフェアのステージはイントラのERI&愛犬Tea*naが担当。

私は監督?ではないが、応援だsign03

イベントの様子はアップできたらやろうっと。

なんせ今月は山梨へ2回、大阪2回、元町イントラ養成講座の試験、横須賀へ2回、そして月末から2年間のヨーガ療法士のコースが始まる上、書籍の監修もあるcoldsweats02

なんだか休みがないぞ~。まあ、自分で決めた事なのでやるしかないpunchhappy01

ヴァータtyphoon(風のエネルギー)がすごい悪化しそうなので気をつけないと・・・。

おっと、明日の朝は早いのでもう寝ようnight

| | コメント (1)
|

原点に還る日

今日はタローの命日だった。

あの日も今日のような綺麗な青空で・・・

病院の診察台の上

私の腕の中で息を引き取った。

今でもはっきりと覚えている。

そして、思い出すたびに胸が張り裂けそうになる。

でも、その痛みと悲しみが

今の私の原点だ。

昨日、朝TVを付けたら

「ゲゲゲの鬼太郎」で、人間に虐待された猫が人間に復讐するために妖怪になった話だった。

メールを開いたら、友人から動物愛護についての内容。

夜帰宅して、TVつけたら、アメリカのアニマルポリスのドキュメント。
そこでも動物虐待映像が・・・・。

夜遅くには、NHKで多摩川の土手で捨て犬猫達と暮らす人のドキュメントも観た。

化粧品や薬などの動物実験の実体を知り

人間に捨てられ、行政に殺処分される犬猫を見て

OLから動物愛護団体の職員となった頃

タローは天国へ旅立った。

今、もう一度、自分の原点に還りなさい、って

TVを通してタローが言っているようだ。

ドッグヨガの原点はここにある。

ナチュラルケアの原点も・・・タローだ。

原点に立ち還り、今の自分を観る。

私はあの頃と同じ、私はブレていない、と感じた。

| | コメント (0)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »