« フジTV「めざましテレビ:ココ調」で放映 | トップページ | 子連れヨガdeハプニング! »

ドッグヨガの創始者って誰?

日本にはいくつか「ドッグヨガの団体」が存在する

各々、自分達が一番初めだ、私が考えた、と言っている

確かに、それぞれの目的があって、それぞれの個性を生かして、苦労して考え、編み出しのだろう

決して嘘ではないと思う

確かにそれぞれのオリジナルであって、真似をしたわけではない

私も友人(動物自然療法協会代表)と2人で動物達への熱い想い、純粋な気持ちで、誰を真似ることなく、自分が今まで培ってきた経験と知識と愛で創り上げた

18年近く続けているインドの古典的ヨガの真髄と

世界的に有名なヒーラーの先生の下で長年勉強しているスピチュアルな世界、人と動物達の魂の学び

動物愛護団体で働き、悲しい運命を遂げた小さな命を見てきた心の傷

命をまるごとうけとめるホリスティックケア(自然療法)の真髄

その融合が日本ドッグヨーガ普及協会の提唱する「ドッグヨガ」である

これは、決して誰かの真似をして創れるものなんかではない

ポーズもひとつひとつ友人と2人で

犬に負担はないか、

人の身体は歪まないか、

犬の位置は、抱き方は、

人の意識の向け方は、

お互いに呼吸を合わせられるか・・・など

注意を払い、心を、愛を込めて創り上げてきた

ヨガは、「私が」「私の」という「エゴを捨てていくもの」である

この世に私のものなんて何一つない、とも言われている

でも、この世界で生きていくためには

「私の」「私が」というものを守らないと生きてゆけないのかもしれない

人間のヨガでも、色々な名前のヨガが溢れている

元を辿ればひとつ

ラージャ・ヨーガに行き着くのだが・・・

誰々が考案した「●○ヨガ」と名前がついたヨガがなんと多いことか

とても悲しい現実だけれど

その反面、おかげでヨガのイメージがアップして

ヨガが広く知れ渡り、心身の健康を取り戻せた人も増えたのは事実

高い視点から見れば

人も動物も幸せになれれば、それでいいのではないだろうか?

正直、「私の」協会は赤字である

儲かるペットビジネスとは、程遠い

友人達によく言われる事は

マザーテレサや聖フランチェスコを尊敬するのは構わないけど

もっと現実生活をみなさいって

はい、現在は2009年、この時代の中でのマザーテレサであろう!

って、そんな大それた自分ではありましぇ~~ん

競争社会に馴染めない私の魂

生きにくい世界だけど、生きている以上は精一杯やらせていただきます

って何を??????

今、できる事です

もっと真剣に、もっと純粋に

人と動物の幸せを考えてみましょう

争っている時間なんてないはず

ヨガは言います

この世は自分の心を映し出す鏡

自分の心が変われば世界が変わる

この世から争いを無くすには

自分自身の内側、心の中の争いを静めることであると

ドッグヨガは誰の物でもなく

ドッグヨガは自分と愛するペットのために存在するもの

ただ、それだけ

私はいつもそう思っています

それでいいのではないでしょうか?

|
|

« フジTV「めざましテレビ:ココ調」で放映 | トップページ | 子連れヨガdeハプニング! »

ドッグヨーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フジTV「めざましテレビ:ココ調」で放映 | トップページ | 子連れヨガdeハプニング! »