« 動物のビジネス講座やります! | トップページ | 学会で江原さんの対談から »

アーユルヴェーダ学会に参加

この土日2日間、日本アーユルヴェーダ学会東京総会が六本木で開催された

毎年日本各地で開催会場が変わり、今年は東京六本木

参加者は若い女の子風から100歳近いご年配の方まで幅広い年齢層だ

開会の言葉で、アーユルヴェーダを日本に広められた、恩師である幡井勉先生のお話の中で

「第一回のアーユルヴェーダ学会は、たった30人でした」

という一言があり、そして、閉会式では、学会総会ののべ参加人数は約1500名と発表があった

やはり初めは消えそうな火に思えても

根気強く、志しを曲げずに努力をし続ける、その人間性に改めて感動した

幡井先生を始め、アーユルヴェーダに関わっておられる先生方は今も昔も変わらず、第一線でご活躍をされている

そして、先生方に続き、若い人たちも次々に育ち、今後の日本におけるアーユルヴェーダを支えていくのだ

友人達が学会で壇上に上がり、発表や講義をしているのを見て感動していた

私も何時の日か、動物とアーユルヴェーダについて壇上で語れる日がくるように、これからも勉強し続けようと思う

ちなみに幡井先生は91歳、私達は幡井先生の背中を見て、愛情をたっぷり受けて育ってきた

感謝の気持ちでいっぱいだ

一般に人生80年だとすると、もう折り返し地点は過ぎている

人生の後半戦、幡井先生への恩返しは、これからもアーユルヴェーダを広げていくことだと思うので、今まで以上にエネルギーをかけ、みなさまへお伝えしていきたい

そして、人生振り返り、動物たちと共に暮らしている方々に、少しでもアーユルヴェーダが浸透していたら幸せだ

アーユルヴェーダは

「全ての生き物を親族のように思いなさい」

と古典書に書かれている、思いやりから生まれた学問なのだから

|
|

« 動物のビジネス講座やります! | トップページ | 学会で江原さんの対談から »

アーユルヴェーダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動物のビジネス講座やります! | トップページ | 学会で江原さんの対談から »