« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

『ANIMAL PLANET』出演!

CSTV 『動物チャンネル/アニマルプラネット』の番組“わんこの城・スペシャル”にドッグヨーガで、私が出演しますsign03

放送時間 12月31日(金)13:00~ 、17:00 1日2回

ご存知の方はきっと多いと思いますが、世界的に配信されているドキュメンタリー動物TVtvです

今回も日本だけでなく、世界へ放映されますよhappy01

でもCSTVに加入していないと番組はご欄いただけないのが残念coldsweats01

観れる方は、大晦日の午後で忙しい時ですがご欄くださいnote

この番組は、1年間を通して再放送を繰り返し放映するそうなので、明日見逃した方でも、来年CSTVに加入される方も、観る事ができちゃいますよ~

私は観れないですbearing

この撮影は、タレントさんのわんこがパピーで元気もりもり、スタジオ内を猛ダッシュdashで走り回ってしまい、落ち着いたドッグヨーガではなかったんです

でも、それがそのこらしさなので、その空気を楽しみながらの撮影でしたconfident

いったいどんな映像になっているのか、かなり不安はありますが・・・sweat01

diamond放送時間 13:00~ 、17:00 1日2回

        明日ですsign03

| | コメント (0)
|

仕事納め

今日、今年の仕事が一応終わりましたcoldsweats01

事務的な雑務は山ほどありますが・・・

今年はヨーガとアーユルヴェーダの勉強bookでアップアップの一年でしたwobbly

この年になると記憶力の低下でなかなか覚えられなくガックリですdown

あと少し、来春までの辛抱?!

そんな中、今年もたくさんの方々に支えられて無事一年を終える事ができますconfident

本当にどうもありがとうございましたheart01

みなさま、大好きな人、大切な人、愛するペット達と、よい年をお迎えくださいねshine

| | コメント (0)
|

花療法は花とヨガする事

Flower1001

昨日はドッグヨーガインストラクター養成コースで「フラワーエッセンス」の講義&ボトル作りをしました

フラワーエッセンスを使う上で、最も大切にしている事は、“お花と繋がる”ことです

お花とYOGAをするのです

自分のため、ペットのために選んだお花と意識を合わせて、お花にサポートしてもらいます

ただ本(文字)を見て、この感情にはこのレメディ、でも悪くはないのですが

もっと深くお花のエネルギー感じて、自己のエネルギーと共鳴させると、よりパワフルにより深く作用してくれる気がします

ドッグヨーガやフラワーエッセンスに限らず、何でも同じことが言えると思います

趣味でも、食べ物でも、人間関係でも、生活の中で自分が愛する人や物たちも、お金だって

いかにそのものの本質や真理と意識をあわせ繋がれるか

今回のフラワーエッセンスの講義をしながら沸き起こった想いでした

謙虚な気持ちで、感謝を込めて、丁寧に生きていこうと思います

| | コメント (0)
|

明日はイントラ養成

年末ぎりぎりに日程変更となった、『ドッグヨーガのインストラクター養成コース4回目』が明日あります

実は、今まで使わせていただいておりました元町会場の店長さんが、突然倒れて入院されて、急きょ会場変更となりましたsad

横浜はペットOKで広いスペースをレンタルできる場所がありませんcoldsweats02

どなたかご存知でしたら教えてくださ~~いsign03

明日の座学は「フラワーエッセンスclover」です

資料を作成中にプリンターが故障shock、そろそろ変え時かな~

PCに弱いので、内心ハラハラものでしたが、どうにか復帰でほっとしましたcoldsweats01

という事で、明日の準備も整い、今日は早く寝ることにしますsleepy

いい講義ができますように・・・・

| | コメント (0)
|

12月の満月の神様

Datta

Vedic Mantra の続きです

このWorkshopの始まりは、満月のお話から始まりました

インド・ヴェーダの世界では、毎月の満月に名前とストーリーがあり、12月の神話を聞かせてもらえました

12月の満月の名前は“ダッタ・トレーヤー”

“ダッタ”とは、3つが共に存在しているという意味で、“ダッタ・トレーヤー”は体がひとつで頭が3つある神様の名前です

正面中央が、ヴィシュヌ神(維持)
右側が、シヴァ神(破壊)
左側が、ブラフマ神(創造)

宇宙の最高神が、この3人の神様として化身しているとも言われています

そして、Dr.チャンドラカントがこの神様の絵を見せてくださったのですが、

なんと、犬が描かれているではありませんか!

ダッタ・トレーヤの守り神は「犬」「牛」・・・感動です

今回のWorkshopでは

与えられたこの命、存在を、他のために与えたまえ、や

宇宙のいきとし生ける全ての存在の幸福のため、のマントラを唱えながら祈りました

動物の神様に導かれて、参加したような感じがしています

Om Shanthi

| | コメント (0)
|

Vedic Mantra Chanting

昨日は冬至明けの満月でしたね

その日にふさわしく、午前中『Vedic Mantra Chanting Workshop』に参加してきました

マントラの響き、自分が宇宙に溶けていく感じがして好きです

Dr.チャンドラカント・サラデシュクムから直々のご指導をいただけました

Dr.チャンドラカント・サラデシュクムは、あのシタールの名演奏者、ラビ・シャンカールの高弟で世界を舞台にご活躍をされています

また、サンスクリット語の博士号もお持ちです

サンスクリット語は口伝の文化、発音をとても大切にしています

そんな音のプロフェッショナルな先生から学べて、とても勉強になりました

| | コメント (0)
|

今宵は冬至の祈りを☆

今日は冬至ですね

1年の暦的に12月22日が冬至ですが

各人の人生の流れにおいても、“冬至”があるのでしょう、自分の暗闇、影に飲み込まれそうな時期の方がとても多いです

この世界は二元性の世界

闇があれば、必ず光がある

光が強ければ、闇も暗い

そんな世界で生きていかねばならないのですよね

今夜はキャンドルを灯して、闇の中に身を置き

やがて射し込む光を待とうと思います

光も闇も受け入れられる自分になれますように、と祈りを込めて

| | コメント (0)
|

タジンのスパイス本発売!

Tajinn_3 

発売されましたsign03

ぜ~~んぶスパイスを使った簡単レシピです

クリスマスxmasの一品にもグッドhappy01

| | コメント (0)
|

現実逃避??

ここ最近、妙に現実にリアリティがなく

私は違う次元に存在しているかのようです

目の前にある物質に触れようとすると、す~~と手がその物質を通り抜けていく感じ

自分の存在すら危うい

魂が肉体に入りきれてないというか・・・

ん~~

てな感じのため、物事がトントン進まず困惑気味

んんん~~~

現実逃避か

それとも、そろそろ宇宙の源へ戻る時期なのか・・・

| | コメント (0)
|

タジンのスパイス料理本出ます!

【タジンポットでスパイスレシピ】

著者:口尾麻美
出版社:小学館クリエイティブ
発売日:12月16日

モロッコで使われる、かわゆい三角形のタジン鍋

最近、街中のスーパーでも見るようになりましたね~

著者の口尾さんはご存知の方も多いと思われますが、タジンの料理本を沢山出しております

口尾さんと長年一緒にヨガをしていて、いつかタジンとアーユルヴェーダをコラボさせた料理本を一緒に出そう!と誓っていたのです

その願いが、とうとう叶う時がきた~~~と大喜びhappy01

もつかの間・・・

スパイスをもっと身近に感じでもらいスパイスがどのように心と体によいのかをアーユルヴェーダの観点からコラムにしていたのですが

もろもろ大人の事情により、アーユルヴェーダコラムがカットされてしまったのです

は~~~~、現実は厳しいですshock

一応、巻末に“指導”という事で私の名前を掲載していただいております

この本片手に、今後、スパイス料理教室&アーユルヴェーダセミナーを企画し、自分達の手で伝えて行こう、と意気込んでいますsign03

負けないぞdash

| | コメント (1)
|

不自然にオトナシイ犬

昨日、とある企業の社長さまとお話しをしておりましたら、ドッグヨーガの動画movieを見て

「犬が不自然にオトナシイ、犬はあんなにおとなしくしていないから、無理やりされて犬が気の毒で可哀想に見える」

と思われたそうですcoldsweats01

犬が気の毒可哀想は、ちょっと凹みますが、でも、ある意味、これは褒め言葉かもしれません

「犬が嫌がる事はさせない」これドッグヨーガの鉄則sign01ですから

犬が膝の上に乗っていたり、抱っこされてるだけで、特にギュー~と逃げないように押さえつけたりはしていないので、自然にいる状態ですshine

動画に出てくる犬達は、普段は元気ハツラツやんちゃで遊びが大好きな子ばかりnote

それではなぜ画像に映る犬達は、そんなにオトナシイのでしょうか?

ドッグヨーガの魔法かなconfident

| | コメント (0)
|

ドッグヨガonthe Chair②

椅子に座ったドッグヨーガの第二段

『三日月のポーズ』ですsign01

右手を上げて弧を描くと、クロベーdogも半円となり、一緒に三日月moon3になっている様子が一体感を感じられますhappy01

最後のリラックスの時のクロベーは、だらだら状態 月の光に包まれた感じがしたのかな~?confident

| | コメント (2)
|

ドイツ公共ラジオの取材

昨日はドイツのラジオ放送がドッグヨーガ教室の取材に見えました

ARD German Radio Network East Asia Bureau / www.ard.de は、日本でいう“NHK”にあたるドイツの公共放送で、ドイツ、スイス、オーストリアを放送圏に持つドイツ最大の媒体だそうです

ドイツは愛犬国で、犬への関心が絶大のため、今回、私が開発したドッグヨーガをリポートしたいとのことでした

ドッグヨーガを取材して、賑やかだった犬たちが、時間が経つにつれてリラックスし、おとなしくなっていく様子がとても興味深かったとのことです

ドッグヨーガの他にも、日本のペット文化に関する取材をされているそうなのですが、日本人が愛犬を、まるで自分の所有物のように扱ったり、ファッション化、アクセサリー化している現実に戸惑っておられました

そして、このドッグヨーガで、そのような人の意識が変わるのか、と質問されたのです

いい質問ですよね

私、かなり沢山の取材を受けましたが、このような深い質問は初めてです

「ドッグヨーガは、命を感じ、この小さな命にとって一番大切なものは何かに気づけるため、愛犬の見方や関係性が変化していくと思っています」とお答えしました

インタビューをしながら、ドッグヨーガの目的が、動物愛護心の育成という深い目的である事に、ほっとされたそうです

放送でも、ドッグヨーガへの想いを反映した内容にしてくださるそうなので、とても嬉しいです

ただ、実際に聴けないのが残念ですが・・・

今回、取材にご協力くださいました、上大岡クラスの参加者の皆さま、どうもありがとうございました

心から感謝申し上げます

| | コメント (2)
|

椅子に座ってドッグヨガ

ヨガマットの上でドッグヨガをするのが理想的かもしれませんが

椅子の上でも、畳の上でも、愛犬愛猫と自分、お互いがリラックスできるのであればOKscissors

ただ、椅子の上はバランスを崩すと椅子から落ちて怪我しちゃうので、気をつけてくださいねcoldsweats01

では、超簡単な椅子に座ったドッグヨガを動画movieにしました

やってみてくださ~いsign01

昨日ご紹介したクロベーdogと一緒ですnote

| | コメント (4)
|

この子に何したの?

先日、鎌倉のお友達のお家で、ドッグヨガの動画movieを撮影してきましたsign03

アシスタントしてくれたワンコdogは、クロベー トイプー 10才 男の子

初対面ですshine

Kurobeblog

お家houseについた時、旦那様がお仕事へ行かれる時間で、ご挨拶をしてお見送りしましたpaper

それから、クロベーと、ゆるるりと、マットの上や椅子に座ったポーズを楽しみました

お互い初対面、クロベーはドッグヨガ初めてのため、始めは遊びながらって感じでしたが、時間が経つにつれ、まったりと腕の中で体が緩んでいくのを感じましたconfident

かなりリラックスをしてくれています

その心の底から温まる感覚、私の少ないボキャブラりーではと~っても言葉で表現できませんhappy02

さて、動画撮影も終え、料理が得意な友人が手造りピザやパスタrestaurantを作ってくれたのですが、いやいやうま過ぎるhappy01

Dsc06810

さらに幸せheart01

途中から、また友人が加わり、二人はワインwineを片手に、なんと6時間ちょっと飲み続けてましたよ~smile

私はジャスミンティーcafe

てな事で、旦那様もご帰宅sweat01

クロベーは尻尾フリフリ駆け寄って、お帰りなさ~い、と喜んでましたが、その様子を見た旦那様

「ドッグヨガってクロベーに何したの?」

友人「クロベーには何もしないよ、クロベーを抱っこして、人がヨガのポーズをするんだよ。」

旦那様「あきらかに様子が違うcoldsweats01

私「え?どういう風に?」

旦那様「家を出た時と帰ってきた時の感じが違う。落ち着いている。ここ一週間、近くに寄らなかったし、反抗的だった。今朝もそうだったんだよ。」

友人「そうそう、最近すごく反抗的で彼に向かって威嚇したりしてた。すごい!ドッグヨガ効果だね!クロベー、リラックスしてたもん」

みんながほっこり幸せheart04を分かち合った時間でした~

その後もクロベーdogは落ち着いているそうです

はやりすごいぞ、ドッグヨガdash

| | コメント (4)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »