« アーサナで溶けた体 | トップページ | 大型犬のドッグヨーガイントラ養成講座 »

夢の中で狂乱

昨夜、父親が死んだ夢を見ました

父は今年78歳になり、腎臓病を抱えてますが未だ元気です

昨夜観た医者のテレビドラマが影響したのかもしれませんが、きっととても印象深く残ったのでしょう

急に腹痛を訴え、病院へ救急搬送されたけれど、すぐに亡くなってしまった

私は母親から電話で聞かされ、狂乱状態

この狂乱、凄まじいものでした

ん~、無意識の奥深くに眠っているものが目覚めてきたのか?

自己の“影”なのか?癒しが必要なのだろうか?

今はまだその夢の意味がわかりません

夢は後になってその意味が見えてくる場合が多いそうです

以前、ユング派の夢分析に通っていた時、カウンセラーから

「夢の登場人物は、全て自分の一部を表した人間だとしたらどうですか?」と投げかけられた

登場人物はあくまでも象徴であって、その人を通して抱いている自己イメージに気づく事が大切のようでした

夢分析は非常に奥深く、とても面白かったです

そうそう、ちょっと前に観た夢は“妊娠をした夢”

生の夢で、昨晩と真逆

お腹の中に、とても大切なものが宿って、ゆっくり温めて育てていこう、と決意をしている

でも・・・・父親がいない

あ~昨晩父が死んだ夢と、父親がいない妊娠と、何か関連性があるのかな?

夢は一晩だけでなく、いくつかの夢が重なって見えてくるものもあるそうです

夢分析に興味のある方は、カール・ユングや河合隼雄さんの書籍を読むといいですよ

現状、夢だけでなく、心と思考が激しく動いています

感情がなければ、どんなに楽か、と思ってしまう

|

« アーサナで溶けた体 | トップページ | 大型犬のドッグヨーガイントラ養成講座 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーサナで溶けた体 | トップページ | 大型犬のドッグヨーガイントラ養成講座 »