« 今日のお客様もカブトムシ | トップページ | 1999年のノート »

カルガモの親子はいいの?

7月下旬に東村山駅の池に住んでいたカルガモ親子の親が交通事故で死んでしまい、残された子供達の行く末を心配している人間達の様子を各局のTVカメラが映し出していました

7_143828

この画像は神奈川コミュニティーサイトから転載
東村山のカルガモではありません

無事に育って欲しいと餌をあげたり、頑張れと寄せ書きしたりしている人間

もちろん、元気に育って欲しい

頑張って、生き延びて!と願っています

ただ、わたしにとって、カルガモも野良猫も同じなんですけど・・・・

野良猫、最近では地域猫と呼ばれておりますが、なんで彼らには頑張って生きて、って応援しないの?

おかしいよね

カルガモが増えて、人間にとって迷惑になると駆除するの?

捕まえて保健所??

なんて自分勝手な動物愛護

今更始まったことではないけどね~

だから私はヨーガを通してアヒンサー(非暴力)をお伝えし、すべての動物たちが幸せに暮らせるようにエネルギーを注いでいるわけです

人間も動物ですよん

|
|

« 今日のお客様もカブトムシ | トップページ | 1999年のノート »

小さな生き物たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のお客様もカブトムシ | トップページ | 1999年のノート »