« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

明日は「PET LOVERS YOGA」します

ここ最近、体調崩されている人が結構いますが、わたしも体調が良くなく、ここ2日ばかり寝込んでました

年齢のせいなのか、精神が弱すぎるのか、トホホ~~

そんな中、昨日の早朝からわたしの名前で悪質メールが流れ、多くの方々にご迷惑をかけてしまい、またもや心臓が痛く、さらに具合が悪くなってしまいました

事態が事態なだけに、パソコンで作業し、また寝て、またパソコン作業して、寝て、の繰り返しの1日

今日はやっと体が楽になり、午前中に取り急ぎの仕事を済ませ、明日のワークショップのために心身を整えようと思っているのですが、案の定心が落ち着かない

こうやってブログを書き、気持ちの整理をしながら、落ち着こうとしています

明日は大切なワークショップをします

「PET LOVERS YOGA」 と言って
動物のために何かをしたい、動物に祈りを届けたい、ペットともっと健やかに暮らしたい、と思われている方々が集まりヨーガをします

ペットは一緒ではありません

動物のためにヨーガをするなんて、日本発、いや世界初ではないでしょうか?

犬や猫と一緒にドッグヨーガやキャットヨーガはしてますけどね

ペットや動物たちと幸せになりたい、光を届けたい、と思うのであれば

まず自分自身の心身の調和が一番大事ですよね

ヨーガは最良の手段です

動物たちの存在を感じながら、彼らに助けてもらいながら、少しずつ自分の内面から豊かにしていけるようなワークショップができたらと思っています

なんか落ち着いてきました

意識が動物たちへ向かい始めました

参加者のみなさまがそれぞれの動物たちへの想いを届けられるような、心に響くワ-クショップになるよう最良を尽くします

きっと動物の神様、動物のデーヴァをはじめ、参加者のみなさまを護ってくれているペット達の存在(目に見える、見えない)がサポートしてくれるでしょう

私の愛するミュータンも、もう天使になった歴代のペット達も応援してくれると思います

この素敵な企画は、ずっと一緒に動物たちのために活動をしている同志である動物自然療法協会の及川さんと考えました

主催は動物自然療法協会です

興味のある方は、こちらのブログをご覧下さい

反響があれば、来年から定期講座にするかもです

今回のメールの件はかなりダメージを受けましたが、人生いろいろ、山あり谷あり、すべては魂の経験ですね

地に足つけて、しっかり歩みます

| | コメント (0)
|

驚き!ヨガで緩んだ股関節

今日は午前中、自由が丘でヨガレッスンhappy01

60代の方が外反母趾の手術を受けたため歩けず、レッスンをしばらくお休みしていましたが、今日からまた復活sign03

「術後は痛くて足をなかなか動かせなかったので、下半身が固まってしまって~~」とおっしゃりながら安楽座(あぐらの様な座り方です)

なるほど~~、左膝が床から20センチは上がっていただろうか、床よりも胸に膝が近い感じsweat01

いつもよりもゆったりペース、呼吸の中で体が動いていくように、やさしくアーサナをとっていきました

二時間のレッスンの終わりに、再び安楽座で座り呼吸法、瞑想などをしていきますが、な、な、なんと、あの左膝がもう少しで床に着くほど柔軟になっていたのですeye

これは驚きですhappy02

ご本人も驚かれて、とっても嬉しそうにされていました

私もすごく嬉しかったshine

ヨーガしながら体の詰りも心の詰りも取れ、全体が緩んだのでしょう

魂の目的を達成するために必要な体です

自分の体に触れ、自分で自分を動かし、自分が自分を感じて気づいていく

体と向き合い、心と向き合い、自分を知るヨーガ

少しでもそのお手伝いができるようにサポートさせていただきます

ヨーガをしたい方、お気軽にお問合せ合わせ下さい

ヨーガ教室の詳細はこちらのブログです⇒「Devaloka

| | コメント (2)
|

“教える”葛藤

ドッグヨーガの他に、人間のためのヨーガのインストラクター養成講座を昨年7月から月1回のペースで行なっています

今日も午後からあり、11月卒業に向けてクラス指導が中心

それにしても“教える”と言うことは、自分の未熟さを嫌と言うほど感じさせられ、かなり厳しい修行です

ヨーガやインド哲学の知識の浅さと伝える力の無さ
(まあ一生かかっても学べないと言われてますが・・・・)

自分自身の体と心と魂の調和度

そして、自己の影の取り組み

グループ(集団)のエネルギー管理などなど

逃げられないし、逃げたくないから、向き合って、乗り越えていくしかないのだけどね

こんな未熟な人間が「ヨーガ」なるものを教えていいのか、といつも葛藤しながら歩んでいます

でもこの等身大の私だからこそ伝わる何かがあるかもしれない、と思い、「教師」という立ち位置で伝え続けて行こうと今は思っています

ヨーガの生徒さん、ドッグヨーガの生徒さん、わたしは生徒と教師という関係性の中でも、とても多くのことを学んでます

みんなの存在が私を成長させてくれます

どうもありがとう

これからも最良のものを与えられるように日々精進します

| | コメント (3)
|

救いの手

道に迷ったり

先が真っ暗闇だったり

自分を見失ったり

人に裏切られたり

宇宙でたったひとりぼっちの孤独感に呑み込まれたり

神様を信じられなくなったり

色々な絶望感を味わって、もう駄目だ、って倒れそうになると

何処からともなく、す~~~っと救いの手が差し伸べられる

思いがけないところから

思いがけない方法で

その都度、涙を流して神様に感謝をした

幾度と無くこんなことを繰り返してきた

「祈りは直通電話のように神様に通じる」とインドの聖者が語っていたけれど

本当にそう思う

私の存在も誰かの救いの手になれますように・・・・

| | コメント (0)
|

もう1人の自分

ここ数ヶ月、自分の影(嫌な部分)を意識して生活している

昔ヒーリング授業の課題図書だったユング派心理分析家河合隼雄先生の著書「影の現象学」を再読し、改めて人間の無意識の底知れぬ奥深さに恐れおののいたり、気が遠くなったりと、基本的に生真面目な性格なので読んでいるだけで精神分裂を起こしそうになっている

そんな精神状態だからかもしれないが、人に会って深い話をした後によく感じることは、話をしていた相手が、もうひとりの自分のように思えてしまうこと

相手と話をしている時は、その人と話をしているのだけれど、1人になり振り返ると、何だか自分が自分に話(アドヴァイスや励まし)をしてたような感覚

その感覚、きっと誰もが感じた事はあると思うけど、妙なリアル感

もうひとりの自分が、私の友人や生徒さんの中に忍び込み、大事な事を気づかせようとしている感じ
顔は他人だけど、自分と話をしている感覚

その時に引き寄せられる人たちは同じテーマを抱えている事が多いからね

「この世は心の映し鏡」

精神が分裂気味にも思えるけど、実は実は、既に分裂している自己の影を統合しようとしているのではないかと思った

とにかく面白い感覚なので、忘れないように書き留めてみた

| | コメント (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »